相談事例

【医療支援】よくあるご相談内容

弊所の医業専門チームは医業に強い専門家とのネットワークを活かし、専門性の高い医療経営サポートを構築することができます。
お客様の事業発展にお役に立てるよう、チーム一同誠心誠意サポートいたします。

そろそろ開業を考えているのですが、どのように準備していけばいいのでしょうか。

医院を新規に開業することになると、開業場所の選定、事業計画の作成、資金調達、行政各種への書類の提出など、大変な労力を要します。

● 開業までのステップ

① 基本構想、ヒアリング
・先生の診療理念、戦略、専門分野をヒアリングし、クリニックのコンセプトを明確
② 立地選定・診療圏調査・物件調査
・地域の特性の調査
・周辺医療機関の調査
・テナント契約の妥当性の検討
③ 事業計画・収支計画
・開業スケジュールの策定
・事業計画書の作成
・資金計画
・融資先の選定
・購入、リース、融資バランスの検証
④ 建設設計・内装工事・医療機器の選定
・医療系に特化した業者の選定
・コンセプトに合わせた内装・設計
・保健所への事前相談
・医師会へのあいさつ
・医療機器メーカーの選定
・診療科目、開業コンセプトにあわせた医療機器の選定
⑤ 広告宣伝・スタッフ採用
・開業前の広告宣伝
・スタッフの採用研修
・内覧会
・増患対策
⑥ 各種届出手続き
・保健所への開設届
・行政、厚生局への申請
・労災、社会保険の検討

まずは、先生のイメージお聞かせください。経験豊富な各スペシャリストを集め、先生だけの開業支援チームを構築いたし、それぞれの開業過程においてトータル的にサポートいたします。

事業規模の拡大に伴い、医療法人化に興味があります。どのようなものなのでしょうか。

医療法人とは、医療法39条の規定により、医師または歯科医師が常時勤務する診療所等を開設しようとする社団又は財団で都道府県知事の認可を受けた法人です。
医療法人の設立は、許認可を受ける必要があることもあり、通常の法人設立以上に複雑かつ専門な知識が要求されます。

● 医療法人設立の流れ

  1. 法人成りシミュレーションの作成
  2. メリット・デメリットの検証
  3. 意思決定
  4. 必要書類の収集と金融機関・各業者との調整
  5. 申請書類の作成
  6. 都道府県への申請
  7. 設立認可書交付
  8. 法務局へ登記
  9. 保健所・厚生局等各種申請手続
  10. 法人診療開始

医療法人の設立のメリット・デメリットは、先生方の事情により異なります。
滋賀総合会計では、先生方それぞれのライフプランやクリニックの状況をヒアリングし、上手な設立と今後の運営をより細かにサポートします。また、法人後のシミュレーションも行います。

最近他医院の開業もあり、患者数が減少傾向にあるのですが、どのような対策が必要でしょうか。

近年新規医院の設立は、増加傾向にあり患者数を確保するために、医療サービスの充実や差別化が求められております。
まずは貴医院のおかれている状況を把握し、以下のことから始めてみてはいかかでしょうか。

  1. 患者アンケートの実施
  2. 診療時間の見直し
  3. 広報活動の見直し
  4. 他の医院との連携
  5. 接遇マナーの向上
  6. アメニティーの向上
など

わたしたちは医業に特化した税務会計を得意とし、多くの専門家とのネットワークを保有しております。
上記以外にも税務支援、経営支援や融資、資金繰りサービスのご相談、事業承継のご相談など、多岐にわたって先生のためだけの開業支援サポートをいたします。
お気軽にご相談ください。

初回ご相談 無料 初回ご相談無料 業務提携をご希望の方へ
初回ご相談 無料 初回ご相談 無料 業務提携をご希望の方へ

初回のご相談は 無料 です。まずはお気軽にご相談ください。


電話
あなたの疑問にお答えします