しがそうカラム

2021年の産業別年末賞与1人平均支給額

今年も年末賞与の季節を迎えます。
ここでは、厚生労働省の調査結果※から、昨年(2021年)の年末賞与の支給状況を主な産業別にみていきます。

支給割合は給与1ヶ月分超に

上記調査結果から、2021年の年末賞与支給労働者1人平均支給額(以下、1人平均支給 額)などを産業別にまとめると、下表のとおりです。
調査産業計の1人平均支給額は、5~29人が27.3 万円で前年比1.6%の増加となりまし た。30~99人は34.5万円で、同1.8%の減少でした。きまって支給する給与に対する支給割合は、どちらの規模も1ヶ月分を超えています。
支給事業所数割合は30~99人が90%程度となったものの、5~29人は70%に届かない状況です。

70 万円を超える産業も

産業別の支給状況をみると、1人平均支給額の最高額は、5~29人では機械器具卸売業が60万円を、30~99人では電気・ガス・熱供給等と機械器具卸売業が70万円を超えま した。
きまって支給する給与に対する支給割合は、2ヶ月を超える産業はありませんでした。支給事業所数割合は5~29人で90%を超える産業が、30~99人では100%の産業がみられました。

今年の年末賞与はどのような結果になるでしょうか。

※厚生労働省「毎月勤労統計調査」日本標準産業分類に基づく16 大産業に属する、常用労働者 5 人以上の約 200 万事業所から抽出した約 3.3 万事業所を対象にした調査です。

毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査) 結果の概要|厚生労働省 (mhlw.go.jp)
会社概要はこちら
お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
初回ご相談 無料 初回ご相談無料 業務提携をご希望の方へ 事業再構築補助金申請サポート
初回ご相談 無料 初回ご相談 無料 業務提携をご希望の方へ 事業再構築補助金申請サポート

初回のご相談は 無料 です。まずはお気軽にご相談ください。


電話
あなたの疑問にお答えします