しがそうカラム

最新の産業別売上高をチェック

今年5月末に、令和3年経済センサス活動調査の速報※が発表されました。
ここではその結果から、産業別の売上高、いわゆる市場規模に関するデータをみていきます。

売上高は1,700兆円を突破

調査結果によると、2020年の産業全体(合計)の売上高は1,702兆201億円でした。
前回調査の2015 年とは消費税率等が異なり単純に比較できませんが、4.8%の増加です。
産業別では卸売業,小売業が481兆円で最も高く、次いで製造業が391兆円、医療,福祉が173兆円で続いています。建設業と金融業,保険業も100兆円を超えました。
全体に占める割合では、卸売業,小売業と製造業が20%を超えました。

純付加価値額は300兆円超に

2020年の純付加価値額は337兆1,437 億円でした。産業別では医療,福祉が71兆円で最も高く、製造業が65兆円で続いています。
全体に占める割合では医療,福祉が21.1%、製造業が19.3%などとなりました。
人口が減少傾向にあることから、市場が縮小する産業も増えることが予想されます。5年後の調査結果では、どのように変化しているでしょうか。

農林漁業の個人経営など一部の事業所を除く、国内すべての事業所・企業を対象にした調査です。ここでの売上高は、回答のあった企業等の数値を集計したもので、消費税込みの金額です。

統計局ホームページ/令和3年経済センサス‐活動調査 調査の結果 (stat.go.jp)
会社概要はこちら
お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
初回ご相談 無料 初回ご相談無料 業務提携をご希望の方へ 事業再構築補助金申請サポート
初回ご相談 無料 初回ご相談 無料 業務提携をご希望の方へ 事業再構築補助金申請サポート

初回のご相談は 無料 です。まずはお気軽にご相談ください。


電話
あなたの疑問にお答えします